Menu

火葬できる動物の種類と届け出、手続き

ワンちゃんやネコちゃんが、亡くなったとき、役所や自治体に届け出・手続きは必要なのでしょうか。現在では、ワンちゃんが亡くなってしまったという時には、ペット葬祭業者への火葬・葬儀の申し込み以外にも、 自治体や役所に30日以内には届け出の手続きをしなければならない決まりがあります。

死亡届の届ける場所は、ワンちゃんを登録してある市区町村の役場ということになります。これは、ワンちゃんだけということになり、それが必要なのも、狂犬病のリスクからです。もしも、届けを出さない場合、 狂犬病の予防注射などの知らせ葉書が続けて自宅に届くことになり、 もしも犬の狂犬病予防を行わなかった場合には、20万円以下の罰金を支払いする羽目になります。

そして、火葬についてですが、 自治体・役所にお願いをしてペット火葬をしてもらうことも可能です。しかし、やっぱり、自治体・役所とペット葬儀は違うものと考えた方がいいでしょう。ペットとして、という扱いから離れてしまう可能性もあることを考えて正しい選択をするようにしましょう。

自治体・役所での火葬の場合は、ペット火葬の立会い、返骨ができないなどいろいろなデメリットがあります。もちろん、ワンちゃんネコちゃん以外、いろいろなペットを飼っている人たちもいますが、ペットの大切さに変わりはありませんので、ペット葬儀業者は、いろいろなペットに対応をしてくれています。

ペット葬儀業者では、うさぎ・フェレットやモルモット、小鳥、リスといった小動物や、亀といった両生類のペット、爬虫類のペットなども、個別の火葬で執り行ってくれて、小さなペットでも遺骨がしっかりと残るように注意を払い火葬してもらうことができます。