Menu

ペットが亡くなった時にやること

もしも可愛いワンちゃんが亡くなったとき、何をしていいか方法が判らないという人たちも意外と多くいます。可愛いペットが亡くなってしまい、悲しい気持ちも当然ですが、 遺体をそのままにしておく訳にもいかないですし、私達は、次へとステップアップしていかなければなりません。

【亡くなったペットの遺体の対処方法】

どのようなペットが亡くなったのか大きさによっても違いがありますが、おおかた、2時間ほどで死後硬直してしまうことになります。季節によっても、状況は変わり、大きなペットの場合はもう少し猶予はあります。

ペットが硬直してしまうと、目が開いてしまった状態や体が伸びきった状態で固まってしまう場合がありますので、硬直がスタートしてしまう前には、身体の状態を整えてあげることが大事なポイントです。

ペットの、目や口が開いている場合は閉じさせてあげてください。硬直してしまったあとでは、今度は硬直が解け始めて来たりしますが、そのときには身体がやわらかくなってしまったため、 体液がお尻や口から流れ出て来てしまう場合もあります。その時、 タオルやガーゼなどで拭いてあげてください。

そのようなことを考えると、あらかじめ、吸収性のあるペットシートなどに寝かしておくと良いです。

【ペットが亡くなってどの程度安置出来るか】

ペットをどのような方法によって安置出来るのかということについても考える必要があります。安置する時には、固く絞ったタオルなどで体を拭いて清めてあげてください。水分が身体に残っていると、より腐敗のスピードを早めてしまうことになります。

ペットのベッドや段ボールなどにシーツやバスタオルなどを敷いてそこに寝かせてあげて、部屋の温度を下げるなど工夫をしてください。

自宅にある保冷剤、氷などを使用して頭とお腹を重点的に冷やしてあげましょう。

そのとき、既にペットのご遺体専用の棺を使用すれば、酸化の原因となる空気に比較的触れさせずに済ますことができ、綺麗な状態で安置してあげることができます。

ドライアイスを使用するのも効果的です。 体重3~5kgのペットを基準にして考えると、 安置することができる期間は、部屋の温度を下げた(保冷剤)状態で、夏場で1日~2日、冬場だと3日~4日の間あたりです。

ドライアイスで、夏場ですと4日~7日あたりでしょう。

【ペットが亡くなったら】

愛するペットを飼うからには、飼い主さんもいつかこのような日が、自分自身の死よりもはやく来るということを自覚しなければなりません。まず、何をしなければならないかといえば、葬儀に対して向きあう姿勢です。

ペットのお通夜や、葬儀は実際に人間とは違って、型式があるという訳ではありません。ですから飼い主さんたちの、納得のいい形でおこなうことが出来ますが、大事なのは、ペットが安心して旅立てることです。

ペット棺も用意をしなければなりませんが、ペットのために出来る限りのことしてあげるのなら、亡くなって探すというのではなくて、万が一のことを考えて事前準備をするようにしましょう。

そして、愛犬の死亡届提出は、愛犬の為に出来る最後のマナーです。保健所に依頼すれば、他の動物たちとまとめて焼かれてしまうことになり、焼却場で焼くというのは、葬儀というよりも処分と言える扱いであるため、ペットを家族の一員と考えている飼い主さんからすれば、非常につらいことです。もはやペット葬儀は必然的に生まれた発想です。